利用規約

ixspoサービス利用規約

第1条 総則

本利用規約は、株式会社Respo(以下「当社」という。)が「i×spo」という名称により運営する各種サービス(以下「本サービス」という。)をご利用いただく際の、本サービスの利用者(以下「会員」という。)と当社との間の一切の関係に適用される。
本サービスの利用希望者が、本利用規約に同意し、且つ第3条に定める会員登録を行った場合に、本利用規約の各規定に従った利用契約(以下「本契約」という。)が会員と当社の間に成立し、会員は本サービスを利用することができる。
本利用規約と本サービス内の文書の内容が矛盾する場合には、本利用規約が優先するものとする。

第2条 定義

本利用規約において、次の各号に掲げる用語は、当該各号に定めるとおり定義する。
「利用希望者」とは、本サービスの利用を希望する法人、団体または個人をいう。
「会員登録」とは、第3条に規定する方法に従って、利用希望者が行う本サービスの利用登録をいう。
「登録情報」とは、利用希望者および会員が会員登録時に登録した当社が定める情報、本サービス利用中に当社が必要と判断して登録を求めた情報、およびこれらの情報について会員自身が追加、変更を行った場合の当該情報をいう。
「ユーザーID」とは、パスワードと組み合わせて、会員とその他の者とを識別するために用いられる符号をいう。
「パスワード」とは、ユーザーIDと組み合わせて、会員とその他の者とを識別するために用いられる符号をいう。
「アカウント」とは、会員とその他の者とを識別するために、当社が登録し、会員に対して発行しているユーザーIDおよびパスワードをいう。
「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「ixspo.com」である、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のドメインを含む)をいう。
「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む)をいう。

第3条 会員登録

利用希望者は、本利用規約を遵守することに同意し、かつ会員登録に必要な情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの会員登録を申請することができる。
当社は、当社の基準に従って、当該利用希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を当該利用希望者に通知し、この通知により会員登録が完了したものとする。
前項に定める登録の完了時に、本利用規約の各規定に従った本サービスの利用契約が会員と当社の間に成立し、会員は本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになる。
当社は、第1項に基づき会員登録を申請した利用希望者について、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがある。
・当社に提供された登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
・当該利用希望者が、本サービス利用に際して、既にアカウント削除等のサービス利用停止措置を受けたまたは受けている場合
・未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
・反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
・その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
利用希望者は、第1項に基づき本サービスの会員登録を申請する者が、利用希望者として本契約を締結する権限を有することを保証するものとする。

第4条 アカウントの管理

会員は、自己の責任においてユーザーIDおよびパスワードを適切に管理し、第三者への利用許諾、開示、貸与、譲渡、名義変更、売買および質入等をしてはならないものとする。
会員によるユーザーIDおよびパスワードの管理が不十分であったことによって発生した第三者の使用等による損害の責任は会員自身が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとする。

第5条 登録情報

当社は、法令、当社プライバシーポリシーおよび本利用規約の定めに従い登録情報を取得し、これを取り扱うものとする。
会員は、登録情報として登録している内容に変更が生じた場合、当社が定める方法にて速やかに変更しなければならないものとする。変更が行われない場合は、登録情報に虚偽があるものとみなす。
前項の変更を怠ったことにより当社からの通知が不到達となった場合、当該通知は通常到達すべき時に到達したとみなされるものとする。

第6条 データの取得

当社は、本サービスの提供を通じて、本サービスの利用状況に関する情報その他の本サービスの提供に必要な情報を取得する(以下取得情報)。
当社は、前項の取得情報の他、会員による本サービスの利用状況により、本サービスの提供を通じて、個人情報(登録情報を除きます)を同時取得する場合がある。
前項に加え、会員は、本サービスを日本国外において利用する場合、本サービスの利用期間中、自らの責任をもって、本サービスを利用する者に対し、当社が個人情報を取得した場合は当該情報が日本に所在する当社に送信されることを承諾させるものとし、会員は、当社が個人情報を取得することが、本サービスが利用される地域において適用される法令に違反しないことを保証するものとする。

第7条 データの利用

当社は、取得情報を本サービスの提供・改善・分析や新サービスの提供検討等の目的に利用することおよび当社の関係会社、提携会社その他のパートナー(以下単に「パートナー」といいます)に対して提供することができるものとする。
会員は、取得情報を本サービスの利用に必要な範囲内で利用することができるものとする。
当社は、個人情報を本サービスの提供に必要な範囲内で利用し、当社プライバシーポリシーの定めに従い取り扱うものとする。また、当社は、個人情報から氏名、住所その他の直接特定の個人を識別することができる情報を除いた情報を、パートナーに提供することができるものとする。
会員は、個人情報を本サービスの利用に必要な範囲内で利用し、個人情報保護法その他の法令の定めに従い取り扱うものとする。

第8条 禁止行為

会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。
・個人情報保護法、電気通信事業法およびその他の法令に違反する行為、法令違反を助長する行為
・当社、または本サービスの他の会員、またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、人格権、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為(かかる侵害を直接または間接に惹起する行為を含みます)
・コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
・ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール、勧誘、宣伝などの迷惑メッセージを送信する行為
・故意に虚偽のデータ等を公開しまたは投稿する行為
・本サービスを個人情報の収集を目的に利用する行為
・本サービスに接続しているシステム全般について、権限なく不当にアクセスする行為その他当社に損害を与える行為
・他の会員または第三者に成りすます行為
・本サービスの運営の妨げとなる行為
・その他、当社が不適切と判断する行為
当社は、会員の行為が前項各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあると当社が判断した場合には、当該会員のアカウントを、事前の通知なく、停止または削除することができるものとする。

第9条 サービス利用停止、アカウント削除および解約

当社は、次の各号の一に該当すると判断した場合、当社の裁量により、事前の通知なく当該会員の本サービスの利用を停止することができるものとする。
・会員が本利用規約のいずれかの条項に違反した場合
・本サービスの運営・保守管理上必要な場合
・当社が指定する決済方法を会員が不正使用した場合
・当社が指定する決済方法の決済サービス会社より会員の決済を停止または無効扱いとされた場合
・信頼関係を損なうような重大な過失または背任行為が判明した場合
・著しい信用不安等が発生した場合
・会員が暴力団、暴力団関係団体、公共の福祉に反する活動を行う団体、その他の反社会的勢力であった場合
・その他前各号に類する事由がある場合
第1項の定めに基づきサービス利用の停止を受けた会員が、当社から期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、当該期間内にその事由が解消しない場合には、当社は、当該会員のアカウントを削除し、本契約を解約することができるものとする。
前項にかかわらず、当社は、会員が本条第1項所定の事由に該当し、かつ、当社の業務遂行に支障を来たすと当社が判断した場合には、催告をすることなく直ちに当該会員のアカウントを削除し、本契約を解約することができるものとする。
当該会員は、アカウント削除および本契約解約後も、既に発生した当社およびその他の第三者に対する本利用規約上で規定されている一切の義務および債務を免れるものではない。
当社は、アカウント削除および本契約解約後も、当該会員の登録情報を保有・利用することができるものとする。
当社は、アカウント削除および本契約解約後、一定の期間内に、当該会員への本サービスの提供を通じて取得した取得情報および個人情報を削除するものとする。
途中退会時における、購買額の返金はないものとする。

第10条 秘密保持

当社および会員は、本利用規約の履行に関連して知りえた相手方固有の技術上、業務上その他の情報を、本サービスの利用を目的としてのみに利用するとともに、相手方の事前の書面による同意なしに第三者に開示しないものとする。但し、本利用規約に基づく義務を履行するためである場合、または法律、政令若しくは裁判所等の公的機関から開示を要求された場合はこの限りではなく、その場合において、秘密情報の開示を強いられた当事者は、秘密情報の開示前に、相手方当事者に通知することとする。

第11条 免責事項

当社は、会員が本サービスの利用により取得する情報等の完全性、正確性、確実性、有用性等について、一切の保証を行わず、また、本サービスの利用に関するサポートその他の責任を負わないものとする。
当社は、本サービスにおけるいかなる情報についても消去・変更されないことを保証するものではない。
当社は、原則として会員間または会員と第三者の通信や活動に関与しません。万一会員間または会員と第三者との間で紛争や問題が生じた場合には、当該当事者の責任と費用でこれを解決するものとし、当社はこれに一切関与しない。

第12条 連絡・通知

本サービスに関する問い合わせその他会員から当社に対する連絡または通知、および本利用規約の変更に関する通知その他当社から会員に対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとする。
当社は、会員が登録したメールアドレスに、本サービスに関する広告・宣伝等のメールを配信することがある。

第13条 利用期間

本契約は、本サービスの提供期間中、会員が第3条に基づく会員登録が完了した日から当該会員が本契約を解約した日、または当該会員のアカウントが削除された日までの間、当社と会員との間で有効に存続するものとする。

第14条 サービス内容の変更・追加・廃止及びサービスの停止

当社は、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部または一部を変更、追加、廃止することができるものとする。
当社は、当社の判断により本サービスの全部または一部の提供・運営を停止することができます。また、当社は、当社の判断により本サービスの全部または一部の提供・運営を停止する場合、当社が適当と判断する方法で会員にその旨通知する。
当社は、以下各号の事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、本サービスの一部または全部を一時的に中断することができる。
・本サービス用のハード・ソフト・通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的または緊急に行う場合
・天災等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
・火災、停電、その他の不慮の事故により本サービスの提供が困難な場合
・戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本サービスの提供が困難な場合
・その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合
会員は、本サービスの内容が変更または追加された場合、遅滞なく本サービスの変更または追加に伴う対応を実施するものとする。

第15条 本サービス終了時の措置

会員は、本サービスの廃止または本契約が終了した場合は、速やかに本サービスの利用を終了するものとし、その他当社から指示がある場合には、これに従うものとする。

第16条 規約改定

本利用規約は、当社の判断によりいつでも任意の理由で変更することができるものとする。
当社は、本利用規約を変更した場合には、当社の定める方法にて当該変更内容を事前に通知するものとし、当該変更内容の通知後、会員が本サービスを利用した場合または当社の定める期間内に本契約の解約手続をとらなかった場合には、会員は、本利用規約の変更に同意したものとみなす。

第17条 本利用規約上の地位の譲渡等

会員は、当社の書面による事前の承諾なく、本利用規約に基づく権利義務の全部または一部を、第三者に譲渡(合併、会社分割等による包括承継も含みます)しまたは担保の目的に供することはできない。
当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本利用規約に基づく権利および義務ならびに会員の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとみなす。本項にいう事業譲渡には、当社が消滅会社または分割会社となる合併または会社分割等による包括承継を含むものとする。

第18条 損害賠償

会員は、本利用規約に違反することにより、または本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(間接損害を含みます)を賠償しなければならない。
当社は、本サービスに関連して会員が被った損害について、一切賠償の責任を負わない。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により現実に発生した直接かつ通常の損害に限られるものとする。

第19条 管轄裁判所

当社と会員との間で訴訟の必要が生じた場合には、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とする。

第20条 準拠法

本利用規約および本契約ならびに本サービスの利用に関する一切の事項については、日本法を準拠法とする。

付則 この規約は2017年9月1日から実施する。